大好きです。

私の昔から大好きなメーカーと、そのお店。 

RCTジャパン。2008年に私は、TEAM本多隊で、ネパールヒマラヤ未踏峰未滑走の遠征に行った際に、当時はSOSというスキーウェアブランドをお取り扱っていたRCTジャパン。その当時から山で使っていても本当に心地良く、デザインや着心地がなんとも言えない好みでした。

全日本スキー技術選大会に出でいた私は、まだSOSの当時のウェアは着れず、夢のブランドでした。

が…!今シーズンからご縁ができ、Peakperformanceというブランドに更にレベルアップしたRCTジャパンさんと、お仕事がご一緒できるようになりました。

札幌店もあり、私は居心地が良すぎて良く朝から晩まで気づいたら居ついてしまうのですが、スキーの赤外線ワックスマシーンで、新しいスキーに一気に奥底までワックス染み染みにして頂いたり、大好きなpeakperformance普段着を見て楽しんでしまう場所です。 店長の三上タイキさん。いつも、ありがとうございます!  RCTジャパンファミリーナイツ。

RCTジャパン札幌店にて。Dbバッグが私のお気に入り私の昔から大好きなメーカーと、そのお店。 

RCTジャパン。2008年に私は、TEAM本多隊で、ネパールヒマラヤ未踏峰未滑走の遠征に行った際に、当時はSOSというスキーウェアブランドをお取り扱っていたRCTジャパン。その当時から山で使っていても本当に心地良く、デザインや着心地がなんとも言えない好みでした。

全日本スキー技術選大会に出でいた私は、まだSOSの当時のウェアは着れず、夢のブランドでした。

が…!今シーズンからご縁ができ、SOSスキーウェアからPeakperformanceというスキーウェアブランドに更にレベルアップしたRCTジャパンさんと、お仕事がご一緒できるようになりました。

札幌店もあり、私は居心地が良すぎて良く朝から晩まで気づいたら居ついてしまうのですが、スキーの赤外線ワックスマシーンで、新しいスキーに一気に奥底までワックス染み染みにして頂いたり、大好きなpeakperformance普段着を見て楽しんでしまう場所です。 店長の三上タイキさん。いつも、ありがとうございます! RCTジャパンファミリーナイツ。

  最近はおろし立てのスキーも直ぐに最高な滑走面を作ってくれるので、深雪の中でスピードが繋がりよりスキーが楽しくなります。

大好きなスキーを、大好きな道具と着る物と、大好きな場所へ、大好きな人達と行き、滑る。

結局、私の行き着きたいところは、大好きが集まる場所なんだと。

大好きばかり集まってきた最近。とても感謝だらけです。