アヤノ日本百名山雪山スキー滑走チャレンジ!

プロスキーヤー鈴木彩乃の日本百名山雪山スキーチャレンジ!

を今シーズンから致します!
スキーで滑った事のある雪山はどこでしょう?と、自分に問いかたら、こんな答えが頭に浮きました。全日本競技スキー大会があった全国の○○スキー場やスキーレッスンで行った全国の山々、羊蹄山、春香山、十勝岳、北富良野、ネパールヒマラヤ6000m級の山々、オーストリア、チリ、フランス、スイス、ドイツ、イタリア、スロベニア、アメリカ、カナダ…自分で予定を立てて行く今の年齢とは違い、幼い頃の行った事のある山々の記憶は薄かったのです。恵まれた環境には感謝しております。
自分の人生の中で、まだ滑った事のない山々が沢山ある事に気づきました。

子供心の様に純粋に思いました。滑ろうと思えば滑れるのに、このまま滑らずにスキー人生で良いのか?と。

そこには、家から近い地元の山を登って滑っている事をイメージしただけで、ワクワクする自分がいました。ただ単にスキーをはいて自分の足で登り、自分の滑りたい斜面を見つけ選んで滑りたい。とうい気持ちから、それだったら日本が大好きなので、まずは日本の百名山と言われる雪山を滑りたいと思いました。
① 日本百名山雪山をスキーで登り、滑る。

② その山に毎回違うゲストを呼び、一緒に会話と雪山バックカントリーの楽しさをその場面場面に合わせた、アクシデントや現場での事を表現し、旅の始まりから、登り、滑り、景色のそこにあるもの、感じたものを記録。

③ 日本のその山の麓のお店や、町並み文化、美味しい私の発見した食べ物紹介、温泉などを紹介。

④ 年数期限はなく、働きながらペースで、多くの一般の方でもできるアピールです。シーズンに3山〜くら、それ以上の何山が目標です。
伝えたいもの:日本の自分たちが住んでいる場所の直ぐ近くにちょっとだけ足を伸ばせば、小さな冒険の中に、こんなに素晴らしい景色や場所に冬の雪山の険しい表情、その場所場所に日本の小さな文化がある事、人間の日々の生活の中に、ちょっとだけの冒険を自分なりに見つけ味わって頂きたい。

イメージ的には、NHKの家族に乾杯の様なものですが、雪山に乾杯になりますか。その中の日本の雪山の素晴らしさ、景色やその場にいる人物や、お店、温泉紹介。家族持ち女性の私からなので、男性でもできるかも!もちろん女性でも!と言うものが伝わりました嬉しいです。
その中でも大切に伝えたいものは、雪山では安全を最優先した行動を伝えるのも目的です。

近年、雪山の事故が多い中、最高に楽しいものは、危険と紙一重!なので、リスクを知り、何が安全でできるか?をいつも気にかけて頂く様に心がけて頂きたいのです。

誰よりも登頂して早く!や過激で激しい映像も

とても素晴らしく感じる自分もいますが、多くの一般の方々が自分と同じく照らし合わせ、一緒に現場にいる様な、私にもできるかも!というものが目的です。見る側から感じる遠い存在から、見る側から近い存在で、親近感または、ちょっとやってみよう!と感じ、見ていてもプレイヤーの自己満映像ではなく、見る側も参加したくなる映像を今回はこの山、この山とシリーズで作っていきたいと思っております。
なぜなら、私達の産まれた、住んでいる国は素晴らしいからです!!もっと自分達の住んでいる日本の他の国には無い素晴らしい自然を知りましょう!体感しましょう!だって私は日本が大好きなんです!
そして、あくまでも登頂目的では無く、素晴らしい日本を代表する百名山雪山スキー滑走し、その山の麓の文化や人、その場所に行かないと感じられらいものが日本にはあります。それらを安全に表現する私の今期からの目標です。
応援して頂けましたら、とても幸いです。

  
プロスキーヤー

鈴木彩乃